トップページ > T&T PLAZAコラム > 必見!部下、同僚に喜ばれる出張土産の選び方

必見!部下、同僚に喜ばれる出張土産の選び方


必見!部下、同僚に喜ばれる出張土産の選び方

必見!部下、同僚に喜ばれる出張土産の選び方


業種や役職にもよりますが、出張の機会がある社会人は少なくないでしょう。
もちろん出張の目的はビジネスです。
取引先との交渉や契約手続きなどのために先方まで出向くわけですから、予定さえこなせば役割は果たしたことになります。もちろんそのまま帰社しても何ら問題はありません。
しかし、もしこの時にちょっとした手土産を用意しておけば、同僚や部下からの好感度は確実にアップするはずです。
ささやかな出費で職場の連帯感を強め、自分の立場を補強できるならば、お土産を用意する価値は十分にあります。
どんなお土産を選べばいいのか、人気のあるお土産はどんなものなのかご紹介しますので、ぜひ参考になさって下さい。

ページトップへ戻る

企業のメッカ、東京で選ぶお土産

必見!部下、同僚に喜ばれる出張土産の選び方


職場へのお土産の場合、選び方には3種類の法則があります。

1.間違いのないもの
お土産を選ぶのが苦手な方には、知名度もあり、誰もが一度は口にしているだろうという「名物」がおすすめです。安心と信頼の実績で選ぶ手間を省いてくれるでしょう。
東京土産であれば、商品名に「東京」が入っているものが定番です。
中でも最も有名なのは「東京ばな奈」です。いつも同じでは飽きてしまうという場合には、ソフトケーキタイプやレーズンサンドタイプなど、毎回違う種類を選ぶといいでしょう。

2.変わり種として話題性があるもの
例えば、ご当地ベビースターなどの商品に一過性の話題を提供するアイテムとして人気があります。味や品質はどこにでもあるレベルだとしても、外装やネーミングにこのお土産の価値があるのです。
出張の機会が多くて手土産のバリエーションが尽きてしまった時におすすめです。
スナック類などの廉価なものは一回限りしか使えませんが、和菓子屋などの限定商品ならば繰り返し利用できるでしょう。

3.皆で分け合えるもの
近年はホールタイプのバウムクーヘンなどを手土産にすることも増えていますが、人数の多い職場への手土産である場合、基本はサッと分け合える形であることです。
東京駅で販売されている個別包装のアイテムで最も人気が高いのは、銀座たまやの「東京たまご」です。他にはやはり老舗の逸品、うさぎやのどら焼きにも人気があるようですが、こちらは消費期限がわずか2日と短いため選びにくいかもしれません。
ともかく職場の全員に行き渡ることを考えれば、全国に展開しているブランドから見繕うという方法もあります。
いずれにしろ、どんな味か想像がつかない物を選ぶ時には必ず試食してから購入するようにして下さい。

あまり難しく考えず、職場の仲間の喜ぶ顔を想像しながら選ぶことをおすすめします。
どうしても迷う時には、出張前にどんなものがいいか同僚や部下に尋ねてしまってもいいかもしれませんね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) T&T PLAZA by GAI Inc. All Rights Reserved.