トップページ > T&T PLAZAコラム > 帰省に欠かせない「おみやげ」を選ぶ4つのポイント

帰省に欠かせない「おみやげ」を選ぶ4つのポイント


帰省に欠かせない「おみやげ」を選ぶ4つのポイント

帰省に欠かせない「おみやげ」を選ぶ4つのポイント


全国に取引先を持つ企業の場合、事業運営にまつわる全体予算を大きく圧迫する大きな要素が「出張費」です。

この出張費の問題は解消が難しく、2011年度から2014年度の国内及び海外出張旅費に関する実態調査によると、国内出張費削減を達成した企業は33.6%にとどまっています。

出張はビジネスの大きなチャンスになると同時に、旅費を損失に計上する事になる可能性を常にリスクとして負っています。

成果を上げられれば旅費としての消費分も十分補填できますが、出張で取引先を訪問したからと言って必ず成果をあげられるという確約がある訳ではありません。

しかし、可能性が低い出張先に出向いて想定以上の成果を上げるケースも多々あり、出張の機会は安易に削減できるものではないのです。
ビジネスのチャンスを失わない国内出張旅費の削減アイディアをご紹介します。

ページトップへ戻る

ポイント1・需要を把握する

ポイント1・需要を把握する


集まる親戚の中に、糖尿病腎疾患など食事制限を必要とする人がいるかどうか把握しておきましょう。
みんなが食べられるもの、喜んでくれるものを選ばなければおみやげの意味がありません。

ただ、条件がきつくなったり親戚の好みがバラバラだったりして選びにくい状況もあるはずです。

そういった時には、ストレートに欲しいものがないか直接質問する事をお勧めします。

欲しいものを持って帰ってきてくれる、という期待が産まれますので、帰省時により歓迎してもらえるようになるでしょう。

ページトップへ戻る

ポイント2・地域限定商品を選ぶ


現代では商品の購入も遠隔地から行えるようになりました。

そのため、これなら珍しいだろうと選んだ商品を相手が知っているという場面に出合いがちです。
どこでも売っているものではなく、地域限定商品を活用しておみやげの価値をアップしましょう。

ページトップへ戻る

ポイント3・お供えに特化したアイテムを選ぶ


お土産商品はそれほど安いものではありませんので、大人数が集まる場合には人数分そろえるのが難しかったりします。
この場合に便利なのが、お花などのお供えものです。

全員の目に触れる形で部屋に飾られるので、きちんとおみやげを用意したアピールにもなります。

ページトップへ戻る

ポイント4・おみやげの予算を事前に確保しておく

ポイント2・地域限定商品を選ぶ


おみやげは内容が充実しているほど相手にも喜んでもらえます。

そのためある程度の予算を用意しておく必要があるのですが、交通費が多額になってしまうと当然おみやげ費用も目減りしてしまうでしょう。
ですので、帰省することが決まったら1日でも早くチケットを手配して、早割などの割引を適用してもらいましょう。

あるいは早い時期ならば格安チケットの残席があるかもしれません。

交通そのものにかかる費用を減らせば減らすほどおみやげを充実させられますし、選ぶ自由も広がりますので、なるべく早めに動くことをお勧めします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) T&T PLAZA by GAI Inc. All Rights Reserved.