トップページ  格安ツアー 東京(羽田)-女満別
片道・直前航空券 羽田から女満別 発はコチラで  

●特割・株主優待割引(優待券は弊社がご用意)ご予約は グッド・エアーズ HOME
●JALレンタカーオプションのご案内(ご希望の方はコメント欄にご記入ください。)PDF形式/146KB
 ※予約受付ご出発の7日前13:00まで(土・日・祝日除く) 重要 ※ANA4桁便はAIR DO運行によりマイレージ加算対象外です。

 東京(羽田)-女満別 格安航空券(往復料金表示)+ホテル1泊付・2泊付ツアー 逆区間 検索 >>

往路・復路の日程・人数 をご希望に変更後、下のプランをクリックしてください。矢印 右側に料金詳細が表示されます。

 ⇒ 往路・復路のフライトを選択 ⇒ ホテルを選択 ⇒ 注文フォームへ進む

※T&T PLAZAのツアー検索システムでは基本料金・フライト加算料金・ホテル加算料金などがすべて自動計算できます。お客様は日程・人数・フライト・ホテルを選んでいただければ簡単に料金がわかります。旅行・出張・帰省などのご予約に是非ご利用ください。

●女満別空港について
網走市中心部から南西に約22km(バスで約30分)。世界遺産の知床への玄関口として注目されている空港です。空港周辺地域には知床国立公園、阿寒国立公園や網走国定公園などがあります。

●知床観光情報
2005年に世界自然遺産に登録された知床。知床半島は北海道東部に位置しオホーツク海に細長く突き出た半島で、突端には知床岬があります。半島中央部には、北から知床岳、知床硫黄山、羅臼岳、遠音別岳、海別岳の知床連山が縦走していて、半島西側の斜里町側には知床五湖、カムイワッカの滝、オシンコシンの滝、東側には羅臼湖、そしてオホーツク海や国後島が一望できる知床峠と、観光客に大人気の観光スポットが数多く存在しています。またカムチャッカから千島列島そして知床半島に沿って千島火山帯が走っているため、ここ知床半島には良質の温泉が多く湧き出ています。知床観光の一大拠点となるウトロは、大小さまざまなホテル・民宿が点在していて、規模の大きな観光温泉街を形成しています。主なイベントは、毎年4月に開催する「知床雪壁ウォーク」、7月第一日曜日の「羅臼岳山開き」、7月第4金曜・土曜日に開催の「しれとこ斜里ねぷた」、9月に開催の「知床産業まつり」などがあります。

●知床の気候について
[春/4・5・6月]  この時期春の日差しにまどわされて上着を忘れると風邪をひいてしまいます。5月になると大体は10度を超えて暖かい日となりますが、ひとたび天候が崩れると5度前後まで気温が下がることも多く、吹き付ける風はまだまだ冷たいものです。
[夏/7・8月]  吹き抜ける風はさわやかで大地の香りが心身ともにリフレッシュさせてくれる季節。7月前半と8月中旬以降は比較的天候も落ち着いていますが、7月下旬から8月初旬にかけてはやや不安定で、天候が崩れると気温も10度をきり、平野部でもガスや霧になることもあります。天候が良い時は25度を超え30度近くになることもありますが、湿度が低いのでカラッとしています。本州からいらした方には暑いというよりはさわやかな程度の温度です。
[秋/9・10月]  そよぐ風は涼しく、澄みきった秋空はいちだんと高く見えます。長い冬を前に最後のお洒落をするように木々は赤や黄色に着飾ります。この季節は日中と朝夕の寒暖の差が大きく、暖かいからと薄着をしていると風邪をひいてしまうこともあります。気候的に春の服装と似ていますが、暑い季節から寒い季節に向かうということでより一層肌寒く感じられることでしょう。9月中は、日中天候が良ければまだ半袖で大丈夫ですが、10月に入ると半袖では肌寒く感じられ、上旬から下旬にかけて温度は急激に下がってきます。長袖の上着は忘れずに持参した方がよいでしょう。秋の空は変わりやすくなっています。本州とは違い台風による影響は少ないですが、温暖低気圧などによりにわか雨の降る確率は高くなりますので、折り畳み傘やレインコートを準備しておくといいでしょう。
[冬/11・12・1・2・3月]  北海道は2月が一番冷え込む時期となります。この時期は日中でも0度以下となり、これに風が吹くと体感温度はさらに下がっていきます。服は重ね着が基本です。長袖のアンダーウェアや厚手のタイツなど、シャツの上にはセーターとオーバーコートというスタイルがいいでしょう。帽子・マフラー・スカーフ・手袋も必須です。靴もくるぶしより上まで高さのある靴が良いでしょう。靴底のパターンは深いものを。ゴムベルト状の脱着できるスパイクも、空港やみやげ物店で販売しているのでこちらを試してみるもの一案でしょう。使い捨てカイロ・靴の保安用中敷もお試しください。」

●網走観光情報
網走国定公園の中心に位置し、山・川・海・湖にめぐまれている網走。そんな網走には自然景観の他にも、流氷・オホーツク文化などの歴史を展示した博物館、動物とのふれあいや自然体験ができる公園、多くのアスリートが訪れるスポーツ施設などの観光スポットが充実してます。網走の醍醐味はオホーツク海を覆う流氷。これを粉砕しながら進む流氷観光砕氷船「おーろら」や、車窓から流氷を間近に眺められる海岸列車「流氷ノロッコ号」は毎年大人気。今は博物館となった「網走監獄」も歴史を知る上で重要な施設で、網走の鉄道や港、農地の多くは囚人たちが開拓したのもです。

女満別空港 MAP

ページトップへ戻る
Copyright(C) T&T PLAZA by GAI Inc. All Rights Reserved.